日本福祉心理学会 第15回大会
 福祉現場の『実践』と『理論・研究』をつなぐ福祉心理学
 
 2017年7月8日(土)・9日(日)
 会場:九州女子大学 弘明館・耕学館

新着情報

2017/07/10 日本福祉心理学会第15回大会は無事終了いたしました。
大会の開催にあたり、多くの方々にご参加いただき、ありがとうございました。
また、関係者・協力者の皆様に、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
 2017/07/07  本日の北九州地区の大雨の件で、ご心配をおかけいたしております。大会開催について、ご心配のお電話・メールなどをいただいております。本学そのものは、大きな被害もなく、また、JR折尾駅から本学までのルートについても、大きな支障はございません。また、本日12時現在の予報では、これから先、雨は落ち着く方向のようです。したがいまして、大会は予定通り開催させていただきます。
ただし、JR鹿児島本線や空港連絡バスなどの公共交通手段につきましては、大雨によるダイヤの乱れや迂回運行などもあると聞いております。ご移動にあたりましては、当初の予定よりも時間がかかる可能性があると思われますので、その点はどうぞご留意くださいませ。(大会事務局・堀江)
LINKページに「九州のりものinfo/福岡県の公共交通手段の運行情報」へのリンクを貼りましたので、どうぞご活用ください。※JR・福岡市営地下鉄以外の公共交通手段の運行情報も確認できます。
2017/07/06 福岡県の大雨の件で、ご心配をおかけいたしております。
本学のある北九州市や福岡市など、福岡県北部は、大雨による大きな被害はございません。(JR鹿児島本線のダイヤに少し乱れがあるようですが…)
LINKページに「Yahoo! JAPAN/福岡県の警報・注意報」「JR九州/運行情報」「福岡市交通局(市営地下鉄)/運行情報」へのリンクを貼りましたので、どうぞご活用ください。
2017/07/05 【会場へのご案内(折尾駅から会場まで)】をアップしました。
JR折尾駅から会場までのルートを、写真で説明しています。どうぞご活用ください。
2017/06/29 大会プログラム・発表論文集の発送につきまして
本日、発表論文集の発送を終えました。
早ければ明日にでもお手元に届くかと思います。どうぞご査収ください。(大会事務局・堀江)
2017/06/26   【アクセス・案内図】Googleマップを貼り付けました。
2017/06/24 大会プログラム・発表論文集の発送につきまして
発送が遅れて申し訳ありません。印刷作業が思いの外難航しており、発送が今月末にずれ込む模様です。
当面は、このホームページにて大会関連の情報を広報いたしますので、どうぞご容赦ください。(大会事務局・堀江)
2017/06/24 ホームページ(正式版)をアップしました。 
2017/05/31 ホームページ(暫定版)をアップしました。 

ご 挨 拶

 日本福祉心理学会の第1回大会(開催校:東京成徳短期大学)が2003年6月に開催されてから、15年を経過し、一つの節目を迎えます。この度、日本福祉心理学会第15回大会は、2017年(平成29年)7月8日、9日の2日間の日程で、福岡県北九州市にあります九州女子大学にて、開催させていただくこととなりました。

 今回の大会テーマとしては、「福祉現場の『実践』と『理論・研究』をつなぐ福祉心理学」としました。福祉心理学に求められている課題の一つとして、対象者の支援において、いかにして、心理学的な知見を生活臨床の中で活かし、心理職と他職種(福祉専門職等)が協働しながら、効果的な支援を行っていくのか、ということが挙げられます。しかしながら、現実には、科学的な基盤に基づいた現場実践が行われているかというと、まだまだ不十分な点もあるかと思います。それゆえに、現場実践を活かしつつ、理論・研究との融合をはかり、質を高めていくことが福祉心理学に求められる学問的使命の一つと言えるでしょう。このようなことを踏まえまして、今回の大会テーマとして設定させていただきました。

 さて、この大会テーマに沿って、福祉心理学の研究者と福祉の現場での実践家の双方が、そして関係される方々たちも含め、相互に交流をしながら、学問的な知を深めていく場になりますことを念頭におきまして、障害福祉領域、児童家庭福祉領域、保育領域、さらには学校領域等も含む、さまざまな福祉関連領域をも包括した内容により、記念講演、特別企画、シンポジウム等の充実した学会プログラムを構成させていただきました。また、「研究発表(ポスター及び口頭)」におきましては、38件が予定されております他、「自主シンポジウム」が2件となっております。今大会におきまして、多くの皆様のご参加と熱心なご討議が行われることにより、福祉現場の実践と福祉心理学の理論・研究が双方向に交わりながら、学問としての福祉心理学がさらなる発展へとつながっていくことを期待している次第でございます。

 本学会が開催されます北九州市は、官営八幡製鐵所(2015年、世界遺産登録)が創業された場所であり、工業都市として発展した地域ですが、多くの大学等をはじめとする学校があり、学研都市としての発展もある地域であって、大変活気がある場所です。アクセスに関しても、北九州市の中心である小倉駅、あるいは福岡市の中心である博多駅からも便利な位置にあります。是非、北九州を含めまして福岡の地の街並み、あるいは文化、自然にも触れていただけますと幸いです。

 なお、本大会の開催にあたりましては、大変多くの関係先の皆様方から、ご後援ならびにご支援をいただきました。あらためて感謝とお礼を申し上げます。

 本大会の準備委員会の委員一同にて、福岡・北九州の地におきまして、多くの皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2017年6月

日本福祉心理学会第15回大会準備委員長
九州女子大学  大迫 秀樹


後援

北九州市
北九州市児童養護施設協議会
社会福祉法人 北九州市福祉事業団
一般社団法人 北九州市保育所連盟
社会福祉法人 福岡県社会福祉協議会
公益社団法人 福岡県社会福祉士会
一般社団法人 福岡県医療ソーシャルワーカー協会
公益社団法人 日本介護福祉士会